フェレット腸閉塞

お久しぶりでございます。
院長の日下です。

今回はフェレットの腸閉塞について。
フェレットは布や糸、自分の毛などを飲み込んでしまうことが多々あります。
そうするとそれらが塊となって元々細い腸に詰まってしまうことがあります。
症状としては急な嘔吐、食欲不振、元気消失、下痢、ふらつき等です。
こうなってしまった場合は緊急事態です。
すぐに閉塞を解除してあげないと命に関わります。

こちらが実際に毛玉が詰まってしまった症例です。
この子は急に吐き出して、ふらつきが見られるとのことでした。
触診にて上腹部に触れるものがあったので腸閉塞と仮診断をし造影検査にて閉塞部位を特定しました。
その後すぐに手術に取りかかりました。
この子は毛玉が詰まっていました。
c0231772_850214.jpg

c0231772_8505312.jpg

c0231772_851218.jpg


この子は発症してすぐだったので手術後は元気にモリモリご飯を食べ出しました。

このように明らかに異物を食べていなくても毛繕いで毛玉になったものが腸に詰まることがよくあります。
普段から毛玉予防もして気をつけましょう。
毛玉予防に関しては当院にご相談ください。
[PR]

by kusakavet | 2016-02-14 08:57 | 動物病院